プロが使う業務用洗剤・薬品、除菌・消臭のスーパー次亜水を扱うすっきりキレイ.com

トイレ・尿石除去剤をすべて見る

閉じる

お風呂・温泉をすべて見る

閉じる

ピーピースルーK(温水用)

 » 
 » 
ピーピースルーK(温水用)

冬季間や寒冷地での流し場、浴室、トイレ等の排水管の詰まり解消に

▼ご購入はこちら

製品紹介

商品名

ピーピースルーK(赤キャップ:温水用)

用途

各種排水管の詰まり除去に。
化学反応の力によって溶解し、スムーズな流れと除菌作用の優れた効果があります。

使い方

【排水口・排水管・トラップが、鉄・金属またはフッ素樹脂など 耐熱性がある場合】

  1. 目皿、ストレーナーを取り外し、溜まっている汚水をできるだけくみ出してください。(灯油ポンプ(手押しポンプ)などをつかってくみ出すと作業しやすいです。)
  2. 200~300グラム(1kgビンでしたら5分の1程度)のピーピースルーを排水口の周りに撒き入れてください。
  3. 薬品の外側にそって、お湯(40℃(お風呂のお湯くらい))を600~900cc(コップ4~6杯程度) 静かに注ぎいれてください。(ヤカンなどを使うと作業しやすいです。)
  4. すぐにジュジュと音を立てて反応します。排水管内に流れ込みながら汚物を溶かします。
  5. (詰まりのある場合)反応が終わりますと水位が減少して貫通します。または音がしなくなりましたら、バケツ1~2杯(10~20リットル)の水を流してください。またはホースで水道水を5分程度流していただくと仕上がりです。

【排水口・排水管・トラップが、軟質のジャバラ管、寒冷期の陶器など高い熱で割れたり溶けたりする恐れのある場合】

  1. あらかじめ1リットルのお湯(40℃くらい)にピーピースルーを200~300グラムを溶かします。
  2. 薬品を入れる際、水がはねることがありますので十分注意してください。
  3. かき混ぜてよく溶かしてください。
  4. 溶けたのを確認しましたら、排水口に注ぎいれてください。
  5. バケツ1~2杯(10~20リットル)の水を流してください。またはホースで水道水を5分程度流していただくと仕上がりです。

注意点

  • 医薬用外劇物ですから、ゴム手袋と保護メガネを着けて取り扱いには十分注意してください。
  • 万一皮膚に付いたり、目や口に入った場合は、すぐに水で十分に流し、医師の手当てを受けてください。
  • 必ず密栓し、鍵のかかる、子どもの手の届かない場所に保管してください。
  • 熱湯を注ぎますと急に反応して危険ですから絶対に使用しないでください。
  • 塩ビ製トラップやジャバラ管は反応熱で変形する場合がありますので、使用方法を十分ご確認の上作業してください。
  • アルミニウム製品は腐食しますのでご使用にならないでください。
  • 用途以外には使わないでください。

この商品は毒物及び劇物譲受書が必要な商品です。
ホームページ内の様式をダウンロードしご記入の上、購入して頂きますようよろしくお願いいたします。

▼もっと詳しく見る

特徴

定期的に使用することで、より清潔で快適な生活環境を応援します。
ピーピースルーK(常温水用)と比較して、水酸化カリウム(すぐ溶解)と、水酸化ナトリウム(ゆっくり溶ける)が最適に配合されていますので、排水管の奥の汚れまでじっくり分解します。
温水を使用しますので、冬季間や寒冷地での排水管洗浄に適しています。

内容成分

水酸化カリウム、水酸化ナトリウム、防錆剤、キレート剤

▼ご購入はこちら


パイプ洗浄剤比較

  ピーピースルーK ピーピースルー(赤) ピーピースルーF ピーピーライト
画像
毒劇物
(*は譲受書不要)
劇物 劇物 -* -*
形状 フレーク(中) フレーク(中) フレーク(細) 液状
その他   温水用    

お支払い方法について

クレジットカード決済

後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)

atone 翌月後払い(コンビニ)

商品受取時お支払い(代金引換)

銀行振込

配送について

宅配便

営業日カレンダー

  • 今月(2018年7月)
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
    翌月(2018年8月)
          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31  
    (      休業日)
↑上に戻る