プロが使う業務用洗剤・薬品、除菌・消臭のスーパー次亜水を扱うすっきりキレイ.com

スーパー次亜水をすべて見る

閉じる

トイレ・尿石除去剤をすべて見る

閉じる

お風呂・温泉をすべて見る

閉じる

デオライトSS

 » 
 » 
デオライトSS

どうしてもつまって流れない時!トイレのがんこな黄バミ、尿石を落とす。塩酸系で落ちなかったものは硫酸系のデオライトSSで完全除去!

▼ご購入はこちら

製品紹介

商品名

デオライトSS

用途

超強力な尿石除去剤です。トイレのつまり、悪臭を解消します。
毒劇物扱いになっておりますので、譲受書が必要です。

デオライトSPとの違いは…

  • 酸塩系のデオライトSPに対し、唯一の酸塩系となっております。
  • デオライトSPで取れないような場合、デオライトSSを使用する事により、尿石が取れる可能性が高まります。

使い方

用意するもの

  • デオライトSS 1リットルを1本
  • 柄付のブラシ
  • ゴム手袋
  • 4~5リットル用のバケツ
  • 灯油ポンプ
  • 保護用メガネ

手順

1.小便器のトラップに溜まった水を抜きます。

2.小便器の中央についているふた状の目皿を外します。
☆尿石が付着して本体から外れない場合がありますので、その場合は無理して取ろうとせず、目皿が本体と接しているすきま部分にデオライトSSの原液を染み込ませるように少し流しこんで下さい。

3.小便器のトラップに溜まった水を灯油ポンプで抜き取って下さい。
☆溶けている尿石を吸い込んでしまうと、灯油ポンプに詰まってしまうことがあるのでご注意下さい。

4.小便器の上部から洗います。デオライトSSをバケツに100cc程度入れ、柄付ブラシにひたして、汚れに行き渡るよう小便器の上部から反応させて下さい。
☆この時、見えにくい小便器のはね返り防止の部分にも尿石が付着している場合がありますので、気をつけましょう。

5.小便器の目皿を洗います。前の作業のバケツの残液にデオライトSSを400cc程度入れます。
☆目皿の大きさに合わせて、量は調節して下さい。

6.小便器の中央についているふた状の目皿を取り外し、バケツに入れてひたして下さい。
☆この時の注意点は、陶器の目皿は変色しませんが、樹脂製の目皿は変色するおそれがありますのでご注意下さい。

7.前の作業で使った、バケツに残ったデオライトSSをトラップに流します。
☆トラップ内に行き渡らないようならいっぱいになるように足して下さい。 約15~30分位、尿石がやわらかくなるまで反応させ、柄付のブラシで尿石を洗浄して下さい。

8.尿石除去作業が終わりましたら、水で洗浄します。
☆この時、尿石除去剤がついた便器を大量の水で流していただくことが重要になってきます。

 

この商品は毒物及び劇物譲受書が必要な商品です。
ホームページ内の様式をダウンロードしご記入の上、購入して頂きますようよろしくお願いいたします。

▼もっと詳しく見る

特徴

  • 付着した尿石を強力溶解
  • 便器に注ぐだけの簡単作業
  • 特に排水管の深奥部や連結横管、曲り管の頑固な尿石・スケール詰まりを即効的に除去します

デオライトSSは排水管の深部や屈曲部の尿石に速やかに到達し、強力な溶解反応と剥離作用で、尿石を即効除去します。特殊な防錆防食剤を配合しており、排水パイプの防錆効果的もあります。 デオライトSSは、すでに多くの方にご愛用いただいているデオライトの性能にさらに即効性を持たせたタイプです。

内容成分

塩酸、硫酸、シュウ酸、酸性キレート剤

▼ご購入はこちら


尿石除去剤比較

サニスカッシュ デオライトSP デオライトSS Uクリーン クールボールB
画像
毒劇物
※一般の方も購入可
劇物 劇物 劇物
設置
タイプ
液状 液状 液状 液状 設置
無色 黄緑 ピンク
内容量 1リットル 4リットル 1リットル 1リットル 1リットル 2個

お支払い方法について

クレジットカード決済

後払い(コンビニ・郵便振替・銀行振込)

商品受取時お支払い(代金引換)

銀行振込

配送について

宅配便

営業日カレンダー

  • 今月(2018年5月)
        1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31    
    翌月(2018年6月)
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    (      発送業務休日)
↑上に戻る