プロが使っている洗浄剤やスーパー次亜水のことなら「すっきりキレイ.com」に気軽にお問い合わせください

トイレ・尿石除去剤をすべて見る

閉じる

お風呂・温泉をすべて見る

閉じる

 » 
キレイなブログ

インフルエンザの猛威!集団感染も広がっています!インフルエンザから身を守るために。

2018年09月01日(土) | カテゴリー:除菌・消臭
Tags: , ,

インフルエンザ流行

インフルエンザとは

冬場はインフルエンザが流行しますが、今年は猛スピードで感染が広がっています。 インフルエンザはインフルエンザウイルスによって起こるウイルス性呼吸器感染症です。 咳やくしゃみから感染しますので(飛まつ感染)集団生活の場所では一気に感染が広がってしまいます。

私の回りでも学校の学級閉鎖や幼稚園の自主登園、会社内の集団感染で業務ができない!など・・・たくさん聞こえてきます。 インフルエンザにかかっては仕事も楽しみもストップがかかってしまいますので、「かからないための予防対策」を考えていきましょう。

 

インフルエンザの症状

・急に38度以上の発熱が出て、咳やのどの痛み、全身の倦怠感を伴うなどの症状が現れたらインフルエンザを疑いましょう。 その場合は早めに医療機関を受診しましょう。 ただし、発症から12時間未満の場合はインフルエンザの検査結果が正しく出ない場合があります。

インフルエンザは早めに(発症から48時間以内)薬を服用することが大切です。発熱期間やウイルス排出量を抑えることができますので、まずは医療機関へ受診することですね。

あとは十分な睡眠と水分補給もお忘れなく!!

 

インフルエンザ予防

日常生活における予防

  1. 人ごみを避けましょう。(大型ショッピングモールや児童センターなど)
  2. 手洗いはしっかり石鹸を使ってしましょう。うがいもお忘れなく。
  3. 栄養と休養を十分にとりましょう。
  4. 部屋の湿度を50~60%に保ちましょう。
  5. 外出時には(特に人ごみに行く際は)マスクを着用しましょう。

咳エチケット

  1. 咳やくしゃみが出る場合は必ずマスクをして外出しましょう。
  2. マスクをしていない場合は、ティッシュなどで口と鼻を覆ってから咳やくしゃみをしましょう。
  3. 他人から離れて咳やくしゃみをしましょう。
  4. 鼻水や痰を含んだティッシュはすぐにゴミ箱へ捨てましょう。

 

加湿器や次亜塩素酸水を上手に利用する

※ウイルスは気温が15℃~18℃以下の環境を好んで活動が活発化します。

冬場にインフルエンザやノロウイルスが流行するのはこのためです。 冬場は、低温・乾燥の環境なのでウイルスにはとっても過ごしやすい環境と言えますね。

そこで是非ご活用いただきたいのは加湿器です! 湿度が低いとウイルスの水分も蒸発していきます。すると軽くなってウイルスが空中で長い時間漂うことになります。→感染の確立が増えますね・・・ そこで加湿をして湿度を保つことでウイルスの住みづらい環境を作ることが大切です。

超音波噴霧器HM-201

超音波噴霧器の例(HM-201(星光技研製))

※介護施設や保育施設で人気なのは、こちらのような超音波式の噴霧器です。

超音波の力で水を超微粒子化して、それをファンによって吹きだす方式です。噴霧する量や時間も調整できるので、施設の湿度を管理されている方には大変使いやすい商品です。 また、使用する水は今注目の安全で除菌力の高い次亜塩素酸水を使用することで、加湿しながら空間を除菌するという嬉しい効果が!!

スーパー次亜水

除菌・消臭スーパー次亜水 (エイチ・エス・ピー)

スーパー次亜水(原液濃度250ppm)などの次亜塩素酸水は芽胞菌やウイルスに対しても、高い除菌効果を有します。その上、口に入っても無害なので安心ですね。

手洗いの後に次亜塩素酸水で手指の除菌をプラスするのも大変効果的です! 弱酸性で肌に優しいのも嬉しいですね。

☆子どもの手にも安心! 手洗いの後にスーパー次亜水をシュシュっとプラス!がおススメです!

 

 

まとめ

インフルエンザに【かからないようにする事】と【他人にうつさないようにする事】の両方を頭に入れて生活しましょう! 冬はまだまだ長いですので油断禁物です! 健康第一で毎日の生活を楽しみたいですね。

<<前の記事を読む 次の記事を読む>>

 

↑上に戻る