プロが使っている洗剤・薬品やスーパー次亜水の通販サイト

スーパー次亜水をすべて見る

閉じる

トイレ・尿石除去剤をすべて見る

閉じる

お風呂・温泉をすべて見る

閉じる

 » 
 » 
太陽光発電の話

太陽光発電の話

2008年06月05日(木) | コメントできません

政府は5日、福田康夫首相が月内にまとめる地球温暖化対策の「福田ビジョン」に、太陽光発電設備を住宅などに普及させる方策を盛り込む方針を固めた。既に打ち切られている太陽光発電装置の住宅向け補助金を復活させるなど、財政面でのてこ入れ策を検討する。「低炭素社会」への移行に向け、化石燃料への依存を脱却して温室効果ガス排出削減を目指す。
 住宅向けの太陽光発電をめぐっては、経済産業省が1994年度から2005年度まで、補助金を通じて普及を後押ししてきた。太陽光発電設備を自宅に設置する人を対象に、当初は90万円を限度に費用の2分の1を、最終年度は発電量1キロワット当たり2万円を補助していた。
 しかし、普及が進み、設置価格も従来より下がったとして、補助金は打ち切られた。
と言う記事を読みました。
うちにはシャープのサンビスタという太陽光発電のパネルが乗っています。
今更補助金を復活させるのか?
原油高の影響でクリーンな太陽光を見直すつもりなのだろうか?
補助金を設定した時点でどれだけの見通しがあったのだろうか?
あの時点でも太陽光先進国のドイツの例とかを良く考えていれば良かったんじゃない?
後手に回るより、先手必勝で行きましょう!
つーか、福田ビジョンとか言う前に福田さんちに太陽光はのってるの?
自分の家で試してから言って下さい。
うちは言えます!いい商品ですよ、サンビスタは!太陽光発電は!

カテゴリー:太陽光発電の話

コメントはありません

コメントまたはトラックバックをお寄せください。

この記事に対するコメントは受け付けておりません。

↑上に戻る